地震に備えて予報を随時チェック|防災マニュアル

メンズ

防災に関する知識

作業員

地震予想に関して、研究者や関係機関の努力の結果、非常に有益な情報が迅速に手に入るようになりました。その情報を活用し、災害時に自分や家族の命を守るためにも、日頃から災害が起こった時のための準備をしておくとよいでしょう。

災害に備える

景色

地震を予測する場合には、明確な根拠が必要になります。例えば、地殻変動や小さな揺れ、ガスや地下水の変化、そして動植物の変化などを見て判断していきます。この時は、マグニチュードとおおよその期間で地震が起こるかどうかを予測していきます。

災害を考える

男の人

災害に備える

大雨や豪雪等による気象災害は年間を通じて多くあります。これらの災害は人の命をも脅かす気象現象といえます。その他にも大きな災害としてあげられるのが地震です。 わが国日本では火山が多くあることもあり、地震大国とも言われています。そのため年間を通じて震度1以上の地震が、なんと1,000回から2,000回とも言われています。その中でも震度4以上を超える地震は家屋が倒壊したり、火災や津波などといった二次災害が起こる可能性があります私たちは日本で暮らす以上、常に地震に備えて生活をしていかなければならないとも言えるでしょう現在では、分析や研究が進み予報や予測がされるようになってきています。情報を常に入手するようにすると良いでしょう

前触れを察知する

地震予報は、気象現象や火山の活動といったもので予報が可能になってきています。前兆の動きとして言われているのが、動物たちの動きや水蒸気爆発、雷や積乱雲などといった異常気象が有名です。通称地震雲と呼ばれる、竜巻状の雲が現れることがあります。これらの現象は科学的には証明されていませんが前兆として多く見られています。また、活断層やこれまでの地震のデータ等に基づいて予報をしています。どこで、いつ、どのような地震が起こるのかまで予報することができます。東日本大震災が起こってから、携帯電話には自動的に緊急速報が入ったり、個人の備えを促す政策が進められています。今後起こると言われている予報として南海トラフ地震が挙げられています。この南海トラフ大震災は人的被害や倒壊被害も大きいと言われています。予報を常に確認しながら、自身の身を守る術を持って生活をしましょう。

災害対策を万全に

ヘルメット

地震の予測の精度が高いとはいえ、完璧ではない現状ですが、しかし情報を取得し役立てられるという意味ではとても大切なものです。事前に災害がきたときの準備を万全にしておけるという事もあるので、メルマガなどで配信されている情報を参考にしてみるといった心がけが大切です。