地震に備えて予報を随時チェック|防災マニュアル

作業員

災害対策を万全に

ヘルメット

自分ができることを

災害はいつどこで起こるかわからないという事は誰しもが知っていますが、それをわかっていても事前に対策や準備を行っていないという人は多いと言えます。大きな地震がおこる確率が非常に高いと予測されてはいますが、結局いつおこるかはっきりとはわからないということが、日常生活の忙しさに忙殺されてしまうため、準備の先送りをしてしまうことにつながるのではないでしょうか。しかし大きな地震が来ると予測されている事実をしっかりと認識することによって、自分ができることを行う意識は高まります。最近では地震予測の情報をメルマガで配信しているという研究者もいるとのことですから、情報をきちんと精査し、確認しながら事前に災害が来るまでに何が自分自身できるのか確認してみましょう。

事前準備を万全に

日本では大きな地震がすでに何度も来ているという事もあり、実際に体験している人が多くいます。そういった人々の体験談を自分自身に置き換えて考えることが必要になります。ブログなどをみると、必要な物資や、備蓄しておくべき食料などが記載されていることがあります。また、地震の予測についてはまだまだ完璧とは言えないわけですが、いつ起きるかわからないものとしてとらえず、予測をある程度の参考にして、つねに危機意識を持って対応できるようにしておくことが命を長らえることが出来るポイントになるかもしれません。情報をもとにして、家族との連絡方法を確認し合ったり、食料や資材の備蓄の確認をしたり、新しい情報を得るように心がけたりなど、万全の用意をできるよう心がけましょう。