地震に備えて予報を随時チェック|防災マニュアル

作業員

防災に関する知識

作業員

災害の情報

日本では毎日のようにどこかで小さい地震が発生しています。特に東海から関東にかけては、今も大きな地震が発生する危険性をはらんでいると言われています。そのため、日夜地震に関する研究がなされ、地震発生の予想がされています。地震予想は、気象庁や日本気象協会などが日々情報発信を行っています。その精度や、伝達速度は向上しています。気象庁が発表する予想では、小さな揺れから、今後発生する大きな揺れに関して、発生場所、時刻揺れの大きさなどの情報を発信しています。予想の場合、予報という形で情報が発信され、特に大きな揺れが予想される場合に関しては、警報や特別警報と言う形で、周辺地域の住民に対して注意喚起がなされます。

情報を役立てるために

地震などの災害時のために、日頃から準備しておくべきことがあります。居住地域の中で、避難所がどこに設定されているのかもその一つです。また、災害発生時にすぐに避難ができるように、防災グッズを準備しておき、食料品の場合その期限の確認などは定期的に行っておく必要があります。いくら地震予想の精度が上がり、正確な情報が発信されていても、そのような準備を怠っていると、いざという時にすぐに避難ができません。すると、結果的にその情報は無駄になってしまいます。地震予想に関する情報を活かすも殺すも、私たちが日々災害に関してどれだけ意識ができていて、準備がなされているかという点が重要になります。万が一のために、最低限の準備はしておきましょう。